Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

【ビットコイン】仮想通貨取引所おすすめランキングBEST3!!

日本国内の金融庁の認可済み仮想通貨の取引所/販売所のおすすめランキングを掲載しています。各取引所の手数料比較表や取り扱い通貨一覧表も記載しています。特におすすめの取引所は特徴が異なるのでメリット・デメリットも挙げています。

仮想通貨取引所ランキング!

ここでは国内の仮想通貨取引所を個人の偏見と独断からランキングにしています。
ただし各取引所には特徴が異なりますので、口座だけ作成しておきご自身の投資スタイルにあった取引所を使い分けることをおすすめします。5段階評価でして行きたいと思います!ではどうぞ!

1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

メリット:セキュリティ対策が◎で安心して取引を行うことができます。取引量日本でNO.1!BTCFXも強い。
デメリット:ビットコイン以外は販売所形式で手数料が高い。取扱い通貨がやや少ない。

bitFlyer取引所の特徴
bitFlyer(ビットフライヤー)は地上波のテレビCMでもお馴染みの国内最大手の取引所ですね。
ビットコインFXを入れると取引高は世界一になります。
特にセキュリティに力を入れているところがポイント。世界一のセキュリティにも選ばれた実績があるので安心して仮想通貨取引ができますね。
ビットフライヤーでは、モナコインやリスクの取扱いも開始して売買可能なアルトコインも少しずつ増やしています。

2位:QUOINEX(コインエクスチェンジ)

メリット:国内で唯一QASHが買える。24時間365日対応のクイック入金対応。手数料が安い。
デメリット:取引通貨が少ない。取引画面が高機能すぎて少し見にくい。

QUOINEX取引所の特徴
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、元々シンガポールに拠点を置いてた取引所です。
2016年3月に本社を東京に移したアジアでも最大級の取引所になっています。ビットコインの取引量はビットフライヤーに次いで2位です。
取扱い通貨は時価総額上位の主要銘柄と注目通貨QASH(キャッシュ)の取り扱いがあります。
セキュリティは100%コールドストレージでビットコインを安全に守っています。またビットコインの取引手数料は無料ですよ。

3位:bitbank.cc(ビットバンクCC)

メリット:全ての通貨が取引所取引で指値注文が可能。売買手数料が安い。
デメリット:イーサリアムとライトコインがBTC建てで日本円での購入が不可。

bitbank.cc取引所の特徴
bitbank.cc(ビットバンクCC)は取引手数料が全ペア無料のキャンペーンを行っています。
アルトコインも板状の取引所形式なので取引手数料が良心的(無料)です。特にリップル(XRP)の取引が盛んで取引ボリュームが月間で世界1位になっている今もっとも勢いのある取引所です。
セキュリティもコールドウォレットとマルチシグでハッキング対策も万全で安心して取引ができますね。

取引所を選定する5つのポイント

1.運営母体の確認

仮想通貨取引所または販売所の運営母体はしっかりとしているかの確認。主に「経営に問題はないか、取締役や代表の顔が見えていて透明性があるか、資本はしっかりとしているか」という項目は最も基本的な所ではありますが、必ず確認しておきましょう。ご自身の資産を預けるところなので安心できる取引所を選びましょう。

2.取扱い通貨の確認

各取引所によって、取り扱っている通貨が異なります。ビットコインとイーサリアムしか取り扱っていない取引所もあれば、コインチェックのように何十種類の通貨を扱っている取引もあるので、自分が購入したいと考えている通貨がどの取引所で扱われているかは事前に確認しておきましょう。

3.各種手数料

売買手数料や日本円、仮想通貨の入出金手数料など取引所によって異なります。特に短期でトレードを繰り返すのであれば仮想通貨の売買手数料は重要です。毎回数%の手数料を取られていれば利益を出す前に手数料のハードルをクリアしないといけません。手数料は安いに越したことはありませんが手数料を含めた全体的な総合評価で取引所を選ぶようにしましょう。

4.取引所or販売所

国内で仮想通貨を売買できる場所は仮想通貨取引所または仮想通貨販売所になります。取引所と販売所では取引方法や手数料(スプレッド)などが大きく変わってくるので、取引所と販売所のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

5.認可を受けているか(仮想通貨交換業者登録)

2017年4月1日に仮想通貨法(改正資金決済法)が施行され取引所が登録制(ライセンス制)になりました。金融庁から認可された取引所のみがビットコインや仮想通貨の売買が許されています。金融庁から認可を受けていない取引所や販売所は論外です。※上記で紹介している取引所は全て認可済み。

仮想通貨取引所についてまとめ

国内にもいくつも仮想通貨取引所が存在します。ここでは、ランキング形式で取引所を紹介しましたが、各々の取引所の特徴やメリットが異なるので、ご自身の投資スタイルに合わせて取引所を使い分けましょう!
私も取引所は一通り登録しておき、それぞれ用途に合わせて使い分けています!
また今後は、SBIバーチャルカレンシーズやyahoo、LINEなどの参入も予定されているのでますます国内での仮想通貨市場が盛り上がりをみせると考えられますね。
NEM不正流出事件でアルトコインの購入が一時停止しているcoincheck(コインチェック)もマネックスグループの完全子会社になり、再スタートの期待が集まっています。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る