Warning: file_get_contents(https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/?convert=JPY&limit=0): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/links0604/moukaru-coin.com/public_html/wp-content/plugins/crypto-coin-ticker/public/class-crypto-coin-ticker-public.php on line 370

揺れ動くリップルコイン(XRP)相場、Ripple社の最終的な着地点はどのように構築されていくのか?

リップルコイン(XRP)を含むアルトコインとビットコイン相場、市場乱高下

最近6,800米ドル水準を上回ったビットコイン価格ですが、6,850米ドル以上で回復するために苦労しています。また、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ価格も10%以上下降しています。
昨日から本日にかけての反発は、米証券取引委員会(SEC)の高官がイーサリアム(ETH)を有価証券としてみなさないと発言したことが好感された結果だろう。

リップル(XRP)は、過去24時間で2.78%上昇し、執筆時点では約0.550ドルで推移している。コインマーケットキャップのデータによると、XRPの取引高は過去24時間で3.7億ドルへと大幅に増加した。

リップルのXRP/JPY建てのリアルタイムチャートです。



<h2>リップル(XRP)遂に新しいシンボルが決定!</h2>
今回新しくなったシンボルは通貨XRPに適用されます。
コインマーケットキャップでは、すでに新しいXRPのシンボルが既に使用されていますね!

リップルの今まで使用していた青い三つ葉マークは、リップル社が引き続き使用します!

リップルコイン ( XRP )取引所ならここが良い!

国内取引所ならbitbank ( ビットバンク ) !


ビットバンクならXRPの指値注文が可能!
XRPを安く買うなら取引所形式のbitbank.cc ( ビットバンクCC ) がおすすめです。ビットバンクCCであれば、板注文が可能で自分の好きな金額を指値で注文をすることが可能です。

そして最新機能!仮想通貨を貸して増やす

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。1年間の満了期日を迎えると、募集月に貸出した仮想通貨に、利用料を加算してお返しするというサービスです。

bitbank公式参照
[su_button url=”https://bitbank.cc/app/trade/btc_jpy” background=”#ef2d8d” color=”#fbf6f6″ size=”10″ center=”yes”]→ bitbank.cc公式へ[/su_button]

海外取引所ならBinance ( バイナンス ) !


100倍以上に資産が増やせそうなアルトコインを探すと、国内ではなかなか難しいことに気付きます。時価総額ランキングを見ると、上位に入っている仮想通貨の中で日本の取引所で購入することが出来ないコインがあります。
この日本では買えないコインを購入するには海外取引所で口座開設をする必要があり、できれば手数料が安く、資産を安心して預けられるところを選びたいですよね。
取引高世界一を記録したBINANCEは手数料が一番安くセキュリティが高い。
海外の取引所は日本円での入金が出来ませんので、ビットコインやイーサリアムを海外取引所に送る必要があります。送金手数料が安く、そして早いリップル(XRP)を使用することで、新しい情報が入り、すぐに通貨が買うことができます。
[su_button url=”https://goo.gl/wGYGR9″ background=”#ef2d8d” color=”#fbf6f6″ size=”10″ center=”yes”]➡ Binance公式へ[/su_button]

リップル(XRP)xCurrentは「分散台帳では無い」


リップル(Ripple)でチーフ・クリプトグラファーを務めるデビッド・シュワルツ氏は、スケーラビリティの低さとプライバシーの問題のため、銀行が国際決済の処理にブロックチェーンを導入する可能性は低いと述べた。
xCurrentは不変の「インターレジャー」プロトコルは即時決済を提供するため、既存の支払ネットワークよりも優れているとリップルは主張している。
しかし、xCurrentは「分散台帳では無い」と述べております。
イーサリアム(ETH)やハイパーレジャーのような主要なブロックチェーンネットワークは共有台帳を基盤としている。

xCurrentの場合、ネットワークの参加者は共有台帳へのアクセス権を持たない。

リップルのxRapidプラットフォームの試験に参加した金融機関は5月、取引コストが40~79%節約され、同時に取引時間も大きく改善し、平均して2~3日が「2分強」になった事で、
ロイターは、いくつかの銀行は国際決済にリップルのxCurrent技術を試験導入したことは、「やがては銀行を分散台帳に繋げる」可能性があるとしている。

リップル(XRP)の最終的な着地点はどのように構築されていくのか?


Ripple社は価値のインターネットを構築するため、XRPを発行しました。なぜXRPが必要だったかというと、あらゆる価値が宿るモノ同士をスムーズにブリッジできるような存在が必要だと考えたからです。
このような価値同士をブリッジする役割を担う通貨を「ブリッジ通貨」と呼び、全ての価値をブリッジ通貨であるXRPを通して交換できるようにしようとしました。

なぜ「ブリッジ通貨」が必要なの?
XRP/USDと XRP/JPYが成立すれば、JPY/USDが必然的に取引できるようになります。
しかし十分に両方の取引がなされていなければその取引は成立しづらいです。
取引量が少なければ誰も利用しようとは思いません。そのため、XRPの流動性の向上が必要だと考えました。

Ripple社の現在の目標は、とにかくリップル(XRP)の流動性を上げること

流動性というのはどれくらい送金・取引されているのか、という取引量のことで、取引量が高いほど通貨として使えるか、機能しているのかという指標になります。当然流動性がなければ通貨として成り立ちません。

先ほども言った通り需要が生まれず、使われるようにはなりません。XRPがグローバルな通貨になるためには流動性が不可欠です。発行したままであればXRP Ledgerの中にXRPがあるだけですから、一般の方に向けて直接取引所で販売したり、World Community Gridを通してXRPの配布を始めました。
なぜ一般の方にも配布したのかというと、オープンソースであるXRP Ledgerは、誰でもアクセスできる通貨でなければならないからだと考えられたからです。

XRP Ledgerとは?
XRP Ledgerはリップル社によって開発された分散型の台帳です。異なる台帳間の取引を可能とする国際標準規格であるILP(Interledger Protocol:インターレジャープロトコル)をベースとしたXRP Ledgerは、トランザクション(取引データ)などの情報を管理し、ネットワークに参加しているユーザーが従来の国際送金よりも低コストで迅速に、消失リスクに悩まされることなく送金ができる仕組みとして開発されました。

作成当時は仮想通貨が発展している最中だったので、流動性も上げることができますし、市場価格でXRPの価値が決定されれば、どこかの組織・団体がその通貨に対して価値を保証しなくてもXRPは資産でいられるようになります。
そしてこれは非常に重要な点です。よくXRPを使うのであればレート固定であるSuicaやPasmoなどの電子マネーの方が使い勝手が良いと言われますね。この負債と資産の違いを分かって入れば、仮想通貨の本質を理解できていれば、XRPを使う理由もわかります。

Suicaなどの、ある特定の法定通貨に対しレートが固定である負債は、ある特定の企業を信頼する必要があります。これの何が問題かというと、その企業がその負債に対し責任を負えなくなった際、その企業の負債は信用がなくなるので機能しなくなります。
また他の企業は、そのような信用で成り立っているどこかの企業の負債を国際送金に用いることをあまり好みません。もちろんXRPに関しても可能性は限りなくゼロに近いですが、完全にXRPがRipple社の管理から切り離されないうちはRipple社が倒産すればXRPの価値は暴落することは間違いないでしょう。

Ripple社が倒産する可能性は0に近い

XRPの売却益が大量にあること、バックにたくさんの金融機関が付いていることが挙げられます。
社員の不祥事はかなりのダメージを与えると思いますが、Ripple社の存亡が危ぶまれる事態になることはまず考えられないでしょうね。
また、日本円などの法定通貨にペッグされた負債はそもそも国際送金に向いていません。
なぜなら、取引先は日本円ではない法定通貨での支払いを望んでいるわけで、例えば香港の企業にSuicaで支払いたいと言って聞いてくれるはずがないですよね?

リップル(XRP)はグローバルな通貨なので、10を超える法定通貨との取引が可能です。この数もまだ十分とは言えませんが、世界のほとんどの主要な通貨との取引は可能なので、主要な国同士でのXRPでの送金は現在でも既に可能です。もっと利用できる範囲を拡大するには、取引ペアの拡大は必須ですね。
World Community Gridでの配布方法は、パソコンの処理能力をWorld Community Gridに提供し、その対価としてXRPを貰うという形です。これはXRP Ledgerとは関係なく、マイニングではありません。World Community Gridの研究のために処理能力を提供するというものです。

登録1秒!LINE@で全員無料プレゼント!

本記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

本当に儲かる仮想通貨の情報を毎日配信している「儲かる仮想通貨.com」LINE@版に登録いただくと期間限定で参加者全員に「【2018年版】資産10倍仮想通貨未来予想マニュアル」を完全無料でプレゼントしています!この機会をぜひお見逃しなく!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る